赤ちゃん命名辞典

漢字「朔」の読み方・意味・由来について

お名前を検索

漢字「朔」の読み方

音読み : サク

訓読み : ついたち

漢字「朔」の画数

画数 : 10画

漢字「朔」の名のり

きた、かた、はじめ、もと

漢字「朔」の意味

ついたち(月のはじめの日)。はじめ。北。

漢字「朔」の由来

人をさかさまにした状態と欠けた月の形から生まれた漢字。

漢字「朔」のイメージ

月のはじめという意味から、物事が新たなスタートをきるというように新鮮な印象をうける。「初心を忘れず、努力の出来る子」という願いをこめて名づけることができる。

朔望(さくぼう):陰暦の1日と15日。新月と満月を指す。

萩原朔太郎(はぎわらさくたろう):詩人。大正時代に近代詩の新しい地平を拓き「日本近代詩の父」と称される。詩集『月に吠える』は代表作。

「朔」を使った男の子

「朔」を使った女の子

漢字「朔」のイメージは?

名前
成りすまし対策 >>
コメント

※誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

コメント

コメントはまだありません