赤ちゃん命名辞典

漢字「杏」の読み方・意味・由来について

お名前を検索

漢字「杏」の読み方

音読み : キョウ、コウ、アン

訓読み : あんず

漢字「杏」の画数

画数 : 7画

漢字「杏」の名のり

漢字「杏」の意味

あんず。バラ科の樹木。

漢字「杏」の由来

大地を覆う木と口の絵が組み合わさって生まれた漢字。

漢字「杏」のイメージ

果物の一種であることから、可愛いらしい印象の強い漢字。あんずの果実は甘く、種は薬用にもなる。そこから「外見的な美しさあと、人の役にたてる素晴らしい人格を合わせ持つ人に」「多方面で活躍するように」などの思いを込めて名づけることができる。意味も響きも可愛らしく、近年では女の子の名づけで人気を集めている。また、左右対称の安定感ある字形なので、どの漢字とも相性が良い。

杏林(きょうりん):医者。多くの人の病気を治すあんずの林。

銀杏(ぎんなん):イチョウの種子。食材にもなる。

小堀杏奴(こぼりあんぬ):明治時代の作家。森鴎外の娘。

「杏」を使った男の子

「杏」を使った女の子

漢字「杏」のイメージは?

名前
成りすまし対策 >>
コメント

※誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

コメント

コメントはまだありません